現役整体師の呟き〜やっぱり健康が一番!〜

国家資格保有の現役整体師が身体・運動・食事など健康にまつわる知識や情報を発信!

【コルセットと骨盤ベルトの違いって?】腰痛ベルトについて解説

f:id:touch-an:20200305172014j:plain

あなたは腰が痛い時に腰痛ベルトは使ったことありますか?

腰痛ベルトと言っても、コルセットと骨盤ベルトって違うの?

そもそもコルセットとは?

骨盤ベルトとは?

意外と分からない方も多いと思います。

 

今回は腰痛ベルトに関して分かりやすくイメージ出来るよう解説していきます。

コルセットとは

f:id:touch-an:20200305190206j:plain

コルセットとは伸縮性の素材で腹部を固定することで、腹圧を高めて腰の負担を軽減する固定具です。

腰の負担を軽減するだけでなく、姿勢の安定を目的にも使用します。

コルセットには数種類あります。

 

装着時はウエストにつけて腰の動きを抑え痛みを出にくくしてくれますが、骨盤の歪みを改善するものではありません。

骨盤ベルトとは

f:id:touch-an:20200305190152j:plain

骨盤ベルトはゴム製の素材で骨盤の上に巻くことで、骨盤の動きによって痛みが出てしまう腰痛や股関節の痛みなどを抑えてくれる役割があります。

コルセットとは違い、腰骨を支えることは出来ません。

骨盤の歪みが原因の痛みに効果があるのが骨盤ベルトです。

コルセットと骨盤ベルトは症状に応じて使い分ける

コルセットは腹圧を高めて腰の動きを抑えて痛みを軽減します。対して骨盤ベルトは骨盤の動きを抑えて痛みを軽減します。

 

このように、コルセットと骨盤ベルトでは症状によって使い分けます。

よく「腰痛ベルトは効かない」と言うのは、症状に合わせて使い分け出来てないのが原因の一つと考えられます。

 

なかなかご自身で使い分けの判断が難しいですが、上記を参考に使い分けてみてください。

腰痛ベルトの注意点

腰痛ベルトは決して腰痛を治すものではありません。

あくまで腰痛を軽減させるサポートアイテムとイメージしてください!

 

私の一意見として日常生活で常に使うことはオススメしません。

痛みが出るシーンを中心に使用するよう心掛けましょう。

まとめ

①コルセットは伸縮性の素材でウエスト周りに巻くことで、お腹の腹圧を高めて痛みを軽減させる。

②骨盤ベルトはゴム製の素材で骨盤の上に巻くことで、骨盤の動きを抑えて痛みを軽減させる。

③コルセットと骨盤ベルトは痛みの原因に応じて使い分けることが大切。

④あくまで腰痛を治すものではないので、痛みの出るシーンを中心に使用を心掛ける。

 

 

いかがでしたでしょうか?

腰痛ベルトについて少しでも疑問が晴れて、今後の参考になれば幸いです。