現役整体師の呟き〜やっぱり健康が一番!〜

国家資格保有の現役整体師が身体・運動・食事など健康にまつわる知識や情報を発信!

【姿勢が大きく関わる!?】猫背と四十肩・五十肩の関係性について

f:id:touch-an:20200307190343j:plain

あなたは肩が上がらなくなった経験ありますか?

いわゆる四十肩・五十肩と呼ばれるものですが、肩が上がらなくなると辛いですよね...。

ひどい場合は完治に1年以上かかることも。。

そんな四十肩・五十肩ですが姿勢と大きく関係してるのを知っていますか?

 

今回は四十肩・五十肩の原因と対策などについてお話します。

四十肩・五十肩とは

四十肩・五十肩は肩関節周囲の筋・腱などの組織が変性し、炎症して痛みが出てることを四十肩・五十肩と言います。

正式名称は「肩関節周囲炎」と言います。

一般的に40代や50代の方に多いことから四十肩・五十肩と呼ばれています。

四十肩・五十肩の原因

実際のところ、原因はハッキリと解明されていません。

しかし私が考えるからに姿勢運動不足が大きく関係してると考えます。

 

姿勢に関しては猫背で肩が内巻きになってしまうと、肩の可動域が狭まってしまいます。

肩が大きく動かせられないので関節が固まったり、筋力が弱くなってしまうことが四十肩・五十肩に繋がるのではないかと考えます。

 

また年齢が進むとともに肩を動かす機会が減っていきがちです。

運動不足が肩の関節を固くさせたり、筋肉を劣化させてしまい安いので注意が必要です。

四十肩・五十肩の対策

猫背姿勢などで姿勢を気にされている方は姿勢改善を目指しましょう。

 

運動で肩を大きく回したり、肩甲骨を大きく動かすようにして肩の可動域維持や筋力維持に役立ちますので実践してみましょう。

以前、肩甲骨を動かすエクササイズを記事にしてますので合わせてお読み下さい!

www.health-is-a-best.info

 

 

今回、四十肩・五十肩についてお話しました。

予防の為に姿勢を意識したり、運動でケアしておくことが大切です。

 

四十肩・五十肩にならないか不安に感じていましたら、今回の記事を参考に予防・ケアに努めていただけたら幸いです。