現役整体師の呟き〜やっぱり健康が一番!〜

国家資格保有の現役整体師が身体・運動・食事など健康にまつわる知識や情報を発信!

【私の間食アイテム】明治チョコレート効果72%と86%を食べ比べ

現在、糖質制限食生活を行っている中で間食アイテムを以前紹介させて頂きました。

 

その時の記事はこちら

www.health-is-a-best.info

 

そのうちの1つである、明治チョコレート効果シリーズを新しく買って食べ比べしてみました!

 

元々食べていたのが、CACAO72%

明治 チョコレート効果72%

明治 チョコレート効果72%

 今回CACAO86%のパウチを買ってみました。

明治 チョコレート効果86%

明治 チョコレート効果86%

 実際に食べ比べしてみた感想を今回書いていきます!

明治チョコレート効果シリーズについて

明治から発売されているチョコレート効果シリーズ。

チョコレートの主原料であるカカオに含まれているポリフェノールに着目したチョコレート商品です。 

 

とは言っても、チョコレートであれば全てポリフェノールが豊富といったわけではないようです。

ポリフェノールが豊富に含まれているのが「高カカオ」のチョコレートで、赤ワインやコーヒーなどと比べても断然豊富です!

 

チョコレート効果シリーズはカカオが72%・86%・95%の3種類ラインナップされており、いずれも高カカオのチョコレートとなってます。

 

ポリフェノールの効果

ポリフェノールの効果は様々ありますが、一部を紹介します。

 

血圧を下げる

動脈硬化を防ぐ

美容効果

アレルギー予防

脳の活性化

 

ポリフェノールには抗酸化作用が強く、その作用から上記効果があると言われてます。

高カカオチョコレートは低GI

GIとはグリセミック・インデックスの略で食後血糖値の上昇を示す値のことです。

この数値が高いほど血糖値が急激に上昇します。

健康的に過ごすためにもGI値が低いことが望ましいです。

 

高カカオチョコレートは低GIであるので、健康リスクを防ぎながらチョコレートを食べることができます。

 

低GIについてはこちら

www.health-is-a-best.info

 

CACAO72%

明治 チョコレート効果72%

ビターな苦さの中に甘味もあって、普段から甘いチョコが好きな方でも食べやすいです。

CACAO72%は1枚あたりのカカオポリフェノールが127mgで1箱で約1900mgです。

 

食べた感想は「まさにビターチョコレート」という感じで、程よいほろ苦さと同時に控えめな甘さを感じられて大変美味しく頂けました。

 

普段は甘いチョコレートが好き!という方でも美味しく頂けられると思います。

CACAO86%

明治 チョコレート効果86%

72%と比べるとかなりビター感が強くなります。甘さはかなり控えめです。

CACAO86%は1枚あたりのカカオポリフェノールが147mg、1箱で約2000mgです。

 

食べた瞬間にカカオのビターを感じられます!

比較的ビターが好きな私ですが、食べ始めた時に苦味のインパクトをしっかり感じました。笑

 

ビター好きな方は問題ないと思いますが、甘さは控え目なので甘いチョコレート好きの方には苦いと感じるかもしれません。

 

初めて食べる方は、まずCACAO72%からで大丈夫!

私は最初にCACAO72%から食べ始めたので、CACAO86%はすごくビターに感じました。

まだCACAO95%は食べていませんが、かなりビターでカカオの苦味があるだろうと想像できます。

 

甘いチョコレートをよく食べている方でしたら、まずはCACAO72%からで十分だと思います。

 

私は現在糖質制限をしているので、1日に1〜2枚(粒)を目安に食べています。

 

健康に良いとはいえ食べ過ぎは禁物ですので、食べる量に気をつけながら楽しく食べてもらえたらと思います!

 

 

明治 チョコレート効果 公式サイト

www.googleadservices.com