現役整体師の呟き〜やっぱり健康が一番!〜

国家資格保有の現役整体師が身体・運動・食事など健康にまつわる知識や情報を発信!

カフェインが含まれる飲み物や食べ物

前回カフェインについてお話をしていきました。

前回の記事はこちらから

www.health-is-a-best.info

カフェインにはメリットもあればデメリットもあり、摂取する目安があることがわかりました。

今回はどんなものにカフェインが含まれているかお話していきます。

カフェインが含まれる食品

コーヒー

紅茶

お茶

炭酸飲料

エナジードリンク・栄養ドリンク

チョコレート・ココア 

コーヒー

f:id:touch-an:20200228151702j:plain

コーヒーはカフェインを多く含む飲料です。

1日2〜3杯程度の量で、1日の摂取目安に達します。

コーヒーは豆の種類や抽出方法によってカフェインの量が変わります。

含有量は商品の公式サイトやパッケージに表記されているものが多いので、気になる方は一度確認すると良いでしょう。

紅茶

f:id:touch-an:20200228151734j:plain

紅茶はコーヒーの半分くらいのカフェイン量になります。

茶葉の量や抽出時間によって、多少の差が出ます。

お茶

f:id:touch-an:20200228151749j:plain

お茶は紅茶からさらに量が少なくなります。

ただし、玉露はコーヒーよりもカフェイン量が多いです。

日頃飲む機会は少ないと思いますが、注意しましょう。

炭酸飲料

f:id:touch-an:20200228151805j:plain

炭酸飲料は全ての飲料に含まれているわけではありません。

主にコーラペプシマウンテンデューに含まれています。

飲み過ぎには気をつけましょう。

エナジードリンク・栄養ドリンク 

f:id:touch-an:20200228151828j:plain

エナジードリンクもコーヒーと同等の含有量と言われています。

栄養ドリンクもエナジードリンクほどではありませんが、それなりのカフェインが含まれています。

こちらも過剰摂取に注意です。

チョコレート・ココア 

f:id:touch-an:20200228151854j:plain

チョコレート・ココアは原材料のカカオにカフェインが含まれています。

コーヒーなどに比べると微量ですが、チョコレートはつい食べがち。

気付いたらすごい量になってた・・・なんてことのないように気をつけてくださいね。

 

 

今回はカフェインが含まれている飲料や食品を紹介しました。

つい飲み過ぎ・食べ過ぎになりやすいものが多いので、しっかりとご自身でコントロールするよう心かけて下さい!