現役整体師の呟き〜やっぱり健康が一番!〜

国家資格保有の現役整体師が身体・運動・食事など健康にまつわる知識や情報を発信!

現役整体師が体験した「肩こり」解消法3選

f:id:touch-an:20200222164236j:plain

あなたは肩こりで悩んでいませんか?

国民の70%は肩こりと自覚していると統計で出ているそうです。

 

そんな私も慣れないPC作業やスマホの見過ぎで肩こりを感じる事がしばしば...。

肩こりがひどくなると頭痛に発展する事も...。

 

今回は現役整体師で国家資格も保有してる私が、実際に肩こり解消法として実践した事を紹介します! 

 

 

そもそも、なぜ肩が凝るのか?

肩が凝る原因は様々です。

整体師として一意見を言わせて頂くと

 

日頃の生活習慣

(スマホ中心の生活・デスクワーク・ストレス)

⬇︎

猫背姿勢になる

⬇︎

肩が凝る

 

といった形が一番多いと感じています。

 

肩こりを解消=生活習慣・姿勢を整える

この事がとても大切です。

 

その事を踏まえて、肩こり解消法をお話していきます。

 

肩こり筋をセルフマッサージ

セルフマッサージは人差し指・中指・薬指の3本で円を描くようにしてマッサージします。

痛気持ちいいくらいで押しましょう。

後頭下筋

後頭下筋とは後頭部の付け根の筋肉です。

眼精疲労に影響すると言われており、触るとゴリゴリと固くなっている所があります。

僧帽筋

僧帽筋は「ザ・肩こり筋」です。

多くの方々はこの筋肉が肩こりとして自覚されてると思います。

胸鎖乳突筋

胸鎖乳突筋は首筋の筋肉です。

歯ぎしりや顎の噛み合わせなどにも関係します。

デスクワークでPC作業などが多い方は頭部が前のめりになりがちで、この筋肉が凝りやすいです。

 

 

ストレッチポール

f:id:touch-an:20200221215158j:plain

ストレッチポールは背筋が伸ばされて肩こりに効果的です!

猫背姿勢でお悩みに方にオススメです。

ストレッチポールエクササイズ1

ストレッチポールに乗ったら両手をバンザイするように上げて伸ばしましょう。

ストレッチポールエクササイズ2

肩・肘を90°に曲げて、肘を真下に下ろします。

すると肩甲骨が内側に引き寄せられ、背筋が伸びます。

 


 

簡単ストレッチ

f:id:touch-an:20200222161635j:plain

ストレッチは20秒〜30秒目安に伸ばしていきます。

それ以上伸ばしすぎると、かえって筋を痛めてしまう恐れがあります。

気持ちがいいくらいで伸ばしてあげましょう。

首のストレッチ

首を横に倒してストレッチします。

背中のストレッチ

 手を後ろで組んで上げていきます。

 

まとめ

・肩こりは生活習慣によって姿勢が崩れ発展しやすい。

・セルフマッサージやストレッチポール、ストレッチで解消する。

・辛いからといって長めにやりすぎると、かえって痛めてしまう事があるので注意が必要。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回3つご紹介させて頂いた中で唯一道具を使うのがストレッチポールになってます。

私も整体の施術を行う中で使用しており、ストレッチポールに寝っ転がるだけでも背筋が伸びて大変気持ちよくなります。

ぜひオススメです!

 

ご自身に合う方法を見つけて肩こりを解消してくださいね!