現役整体師の呟き〜やっぱり健康が一番!〜

国家資格保有の現役整体師が身体・運動・食事など健康にまつわる知識や情報を発信!

産後骨盤矯正と骨盤矯正の違いって?いつから受ければ良いのか徹底解説!

骨盤矯正イメージ

私が運営している整体院では通常の骨盤矯正産後骨盤矯正で別々のメニューを用意しております。

よくご質問で「骨盤矯正と産後骨盤矯正で何が違うの?」といただきます。

 

確かに一般の方々には違いがわかりにくいですよね。

両方とも同じじゃないかと思われるかもしれません。

 

今回は私自身が考えている産後骨盤矯正と骨盤矯正の違いを解説していきます。

これから産後骨盤矯正を考えている方はぜひ最後までお読みいただけたらと思います。

 

骨盤矯正とは

通常の骨盤矯正は、生活習慣などが原因で骨盤の捻れや傾いてしまい歪んだものを徒手で整えていくことを言います。

骨盤イメージイラスト

骨盤が歪んでしまうことで腰痛や股関節の痛みが招かれやすくなったり、姿勢が悪くなったり、身体の代謝が悪くなって痩せにくくなるなどのデメリットがあります。

 

産後骨盤矯正とは

一方で産後骨盤矯正は、出産で拡がった骨盤を閉じさせて元の骨盤の状態に戻すことが一番の目的になります。

妊娠・出産を経て骨盤が捻れたり、傾いてしまっている状態を整えるという通常の骨盤矯正と共通する部分もありますが、拡がってしまった骨盤を閉じさせることが最優先となります。

 

拡がった骨盤を放置していると、太ももが広がってしまいズボンが履きにくい体型になってしまったり、インナーマッスルが低下して尿漏れのトラブルにも悩まされやすくなります。

 

産後骨盤矯正を受ける時期

産後骨盤矯正を受ける時期に関しては治療院によって解釈が若干異なりますが、だいたい産後の2ヶ月後から半年にかけて受けていただくのがベストな時期になります。

整体イメージ

産後直後は出産で負担のかかった身体を回復させることに専念していただく必要がありますので2ヶ月後を目安にしていただくのがおすすめです。

 

なお、帝王切開でのご出産をされた方の場合は自然分娩の方よりも回復に時間をかけていただく必要があります。

帝王切開の身体の痛みが落ち着いてから産後骨盤矯正を受けるようにしましょう。

 

産後骨盤矯正が1番効果が出やすい時期

産後骨盤矯正には1番効果が出やすい期間があります。

それが産後半年以内と言われています。

その理由がリラキシンという女性ホルモンです。

このリラキシンは関節や靭帯などを緩める働きがあり、リラキシンが多く分泌されている期間に産後骨盤矯正を受けると一番効果が出やすいです。

 

このリラキシンは産後日を追うごとに徐々に通常の分泌量になってきます。

産後1年経過すると通常の状態に戻りますので、この時期には骨盤が固まって矯正が効きにくくなります。

全く効果が出ないという訳ではありませんが、産後2〜3ヶ月後と産後1年経過してから骨盤矯正を行うでは大きな差が生じます。

なるべくお早めに産後骨盤矯正を受けていただくことを強くおすすめします。

 

インナーマッスルを鍛えることも必要!

骨盤が拡がってしまうと骨盤底筋と呼ばれるインナーマッスルが低下してしまうので鍛える必要があります。

骨盤底筋

骨盤底筋を鍛えることで、骨盤の歪みや拡がりを予防できたり、痩せやすい身体になりやすくなります。

通常の骨盤矯正では鍛えることはなかなかありませんが、産後骨盤矯正ではインナーマッスルの強化が必要不可欠です。

 

骨盤ベルトを使用して骨盤を閉じさせる

治療院で産後骨盤矯正を受けながら、骨盤ベルトを日常で使用して骨盤を閉じさせることも重要です。

こちらも産後から半年または1年かけて使用することが望ましいです。

 

終わりに

以上、産後骨盤矯正と骨盤矯正の違いについてでした。 

一見すると同じように思いますが、通常と産後では目的や治療のアプローチが異なります。

特に産後のママさんのお身体をケアすることはとても大切ですので、お早めにお近くの治療院で産後骨盤矯正を受けるようにしましょう。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。