現役整体師の呟き〜やっぱり健康が一番!〜

国家資格保有の現役整体師が身体・運動・食事など健康にまつわる知識や情報を発信!

ダイエットや糖質制限をはじめる人は必見!糖質の低いおすすめの食べ物とは?

糖質制限イメージ

皆さんはダイエットするときや糖質を控えるときは食事の量を減らさなきゃいけないと思っていませんか?

 

日本人の食生活は米や小麦が主食となっているので、糖質が常に隣り合わせにありますが、気にせずに食べすぎると肥満や生活習慣病などの原因になってしまいます。

 

しかし、食べ物のチョイスを誤らなければお腹いっぱいに食べても糖質量を抑えた食生活を送ることができます。

 

 

<こんな方に読んでもらいたい!>

・ダイエットしたいけど、どんな食事に気をつければ良いのか知りたい

・糖質制限を始めたいけど、どういった食べ物を控えるべきなのか知りたい

 

この記事を読んで、ぜひご自身に合った糖質制限をはじめてみてください。

 

糖質の低い食品

 

糖質の低い食品はコレ!!
  • 肉類・魚介類
  • 卵・乳製品(無糖なものに限る)
  • 大豆製品
  • 緑色の葉物野菜・きのこ類
  • 海藻類・こんにゃく

 

肉類・魚介類

肉塊イメージ

まず肉類や魚介類は糖質が少なく、たんぱく質が豊富なので丈夫な身体を作っていく上で重要となります。

お肉やお魚はメインディッシュになれる食材なので、お腹も満たしやすいと思います。

注意点としては肉類は種類によってカロリーが高いこと。

もしカロリーを抑えたいという方の場合は、王道の鶏肉のささみやムネ肉・豚の肩ロース・牛ヒレ肉が比較的低カロリーです。

 

青魚イメージ

魚介類の中でも青魚はEPAやDHAが豊富なのでおすすめです。

練り物のかまぼこやちくわはお魚自体より少し糖質が高めです。また魚の缶詰など調理方法次第では糖質が高いものもありますので、そこだけ気をつけましょう!

 

卵・乳製品

卵イメージ

卵は糖質が非常に少なく、たんぱく質も豊富でおすすめです!

昔は卵の食べ過ぎに注意と言われてましたが、最近は撤廃されており1日に数個程度なら問題ないと言われてます。

 

チーズイメージ

乳製品の中でも糖質が少ないのはチーズです!

逆に糖質が多く含まれている乳製品は、加糖入りヨーグルト・ホイップクリーム・練乳です。

甘いスイーツにはお砂糖が多く含まれているものがありますので、購入前に成分表をチェックすることをお忘れなく!

 

大豆製品

大豆製品イメージ

大豆製品である、お豆腐や納豆・厚揚げやおからは糖質が大変少ないです。

高タンパクで身体に良いので積極的に食べるようにしましょう!

 

大豆と聞くと豆類は糖質少ないのではないか?と思うかもしれませんが、小豆やそら豆・インゲン豆は意外と糖質が高めなので注意が必要です。

 

緑色の葉物野菜・きのこ類

野菜イメージ

野菜の中でも葉物野菜は糖質が少ないと言われてます。

ちんげん菜やほうれん草、レタスや小松菜など、きゅうりやブロッコリーなども低糖質です。

 

ちなみにジャガイモやサツマイモなどの芋類や玉ねぎ・とうもろこし・にんじんなどが糖質高めです。

これらの野菜だからこそ摂れる栄養素もありますので、食事のバランス調整が必要です。

 

きのこイメージ
きのこは低糖質・低カロリーなのでメインディッシュの付け合わせなどで一緒に食べると良いのではないでしょうか。

 

海藻・こんにゃく

海藻サラダ

海藻やこんにゃくも糖質が非常に少ない食品です。

また食物繊維が豊富なので、ぜひ食べておきたい食材と言えます。

 

食物繊維は現代の日本人で摂取が不足してる栄養素です。

なかなか食卓に出る機会が少ないかもしれませんが、コンビニで売られている海藻サラダやこんにゃくゼリーなどは身近かつ手軽に食べることができるのでおすすめです。

 

<食物繊維に関する記事>

 

1日の糖質量

1日の糖質量の目安は平均300gと言われています。 

現在は糖質の過剰摂取が肥満や生活習慣病などの原因と考えられていますので、糖質を抑えることが健康のためにも必要と言えます。

 

日本人の主食の代表格であるお米や麺類などは糖質が非常に高いので、これらをいかに抑えるかが鍵を握ると同時に上記に記載した糖質の少ない食事でメニュー構成していくかが重要です。

 

実際に私も糖質制限を行っており、1ヶ月弱で4kgのダイエットに成功しました。

食事の白米の量を減らしたり麺類は極力食べないなど苦労も多かったですが、結果が出たことは大変嬉しく思っています!

 

<以前に掲載した糖質制限に関する記事>


これから糖質制限やダイエットをはじめようと考えている方は参考になりましたでしょうか?

これを機に今までの食生活の見直しを図り、身体に負担を掛けすぎない範囲で糖質制限・ダイエットをはじめてみてください!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。